Recent entries
2015/08/10 (Mon) Cup Noodle Titan Coocker
2015/05/31 (Sun) 週末のご褒美。
2015/05/08 (Fri) useful way of using…

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


年末の大掃除ついで企画その2はスウェットです。

なんといってもChampionのReverse Weaveが代名詞のような存在でした。
しかしスウェット選びのポイントはプリントのデザインです。


001_convert_20111224225641.jpg

60年代頃のチャンピオン・ランナータグです。
カレッジとキャラクターデザインものが人気でした・・・。
この頃のChampionはUSA製でしたが、その後メキシコ製とかになっていきました。


002_convert_20111224225719.jpg

リブがボーダーになっているパーカーです。

001_convert_20120101174901.jpg

002_convert_20120101174946.jpg

こんなショートスリーブのスウェットが流行した時期もありました。
Fruites of the room とHanesですが、どちらもUSA製の時期のものです。


003_convert_20120101175015.jpg

若かりし頃はボロボロ、デレデレのものを身につけていてもファッションとして理解してもらえましたが、
オッサンになると世間はそういう目で見てくれません。

そこで永らくスウェット探しの旅を続け彷徨いましたが、ようやく出会うことができました。


005_convert_20111224225831.jpg
004_convert_20111224225806.jpg

今では説明の必要もないくらいにメジャーになった"Loopwheeler"です。
”カッコイイ吊り編みのスウェットがあるよ”と紹介されたのが10数年前でした。

1960年代中頃までのアメリカのスウェットは、生地が「吊り編み機」で作られているので独特の風合いがありました。
(その雰囲気を求めて古着をあさっていました)
しかし1時間に1メートル程度しか生地が編めないため、大量生産向きの"シンカー"という編機が主流となり、
アメリカから"吊り編み機"は消滅しました。
唯一残っているのは日本だけなのだそうですが、Loopwheelerのスウェットはその編み機を使って作られています。

つまりVINTAGEの風合いを新品で手に入れられる、それもMADE IN JAPANで・・・それ以来Loopwheelerがスウェットの定番になりました。

ボデイだけでなくプリントのデザインも秀逸で、初期の頃からBONZAIPAINTやGROOVISIONSとコラボレーションをしていました。
今手元にあるものはその頃のデザインばかりですが、すでに一生分くらいのスウェットがクローゼットの中にあります(笑)


という訳でスウェットに関しては、何といってもMADE IN JAPANです・・・。

To be continued...

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用




おっ!!待ってましたこの企画!

リブボーダーのリバースウェーブ昔僕も持っていました懐かしぃ~です!
出っ張ったお腹のせいでセーター派になってしまいましたが996が復活するまでにお腹も復活させてスウェットで若返りを図ろうかなぁ(笑)

Loopwheelerですか!要チェックですね。。。
【2012/01/10 17:59】 URL | BOW家 #-[ 編集]
ご声援ありがとうございます(笑
年末の掃除が捗らなくて、奥さんに叱られました・・・。

長かったスウェット探しの旅も、Loopweelerに出会ってようやく終わった感じですねぇ。

スウェットはリブのところでダブつくから、お腹の出っ張りもうまくごまかせますよ・・・。


次回はデニムを予定しています!

ではでは。
【2012/01/10 20:21】 URL | flower #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 LANDSCAPEノートブック, All rights reserved.
まとめ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。