Recent entries
2015/08/10 (Mon) Cup Noodle Titan Coocker
2015/05/31 (Sun) 週末のご褒美。
2015/05/08 (Fri) useful way of using…

Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




昨冬に足元の寒さ対策の為奥さんにプレゼントしたのですが、かなり具合が良いということなので、
自分用にも購入しちゃいました。

LL Bean Wicked Good Slippers

•保温性に優れた高品質の羊毛を使用
•暖かくソフトなはき心地
はいた瞬間から暖かくソフトなはき心地が楽しめる室内ばき。スキーなどで一日を過ごした後に、足を休めるのにぴったりです。保温性に優れた天然の羊毛が汗などの湿気を取り去り、素材の持つラノリンが足を乾燥から守ります…だそうです。


20150201174136af2.jpg


家の中でUGGを履いてるような…

ポッカポッカで大満足!

スポンサーサイト

004_20130429224805.jpg
5月も半ばを過ぎ、かなり暖かくなってきてお出かけ日和の週末が続いてますが、キャンプ初めが出来づに落ち込んでいます。

"腹いせ?"にスニーカーを買ったので、買い物備忘録としてUPしておきます。

Newbalance M1500 UK・・・。
このモデルは初めて入手しました。
歴史は古く、永久欠番(自身の思い込みです)1300の後釜として1989年に発売されました。
本来であれば1400が跡継ぎでしたが、搭載される予定だったテクノロジーは、当時の技術では実現不可能だったために1500が先に発表されました。

002_20130429224759.jpg
もちろん初代の1500はmade in USA
その後何度かの復刻を経てmade in イギリスのFlimby工場。

003_20130429224802.jpg
ウーブンタイプのタンラベルは好き嫌いがある所ですが、1500で使用されている「TECシステム」は「エンキャップ」で、これは衝撃吸収性に優れたEVA素材を、極めて丈夫なPU素材に封入した構造で、ハイレベルの安定性とクッション性を実現しているそうです。

001_20130429224756.jpg

基本的に996や1400が好きなので、ヒールのハイカットな感じやトゥの角ばったところが気になります。
履き心地は非常に良いという評判なので、楽しみではあります。


来週末は連休が取れそうなので、ようやく出撃かな・・・。


テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用


最近お会いした方々に触発されたわけでは無いのですが、大掃除を兼ねて久しぶりに引っ張り出してみました。

自分の出発点みたいなもので、アーカイブ的な意味もこめて紹介しようと思います。

"American Culture"のアイコンといえば、Tシャツ/スエット、デニムそしてスニーカーです。
その1はスニーカーです。

10代のころからNike、Converse、Top-Siderなどで過ごしてきましたが、快適なスニーカーといえばコレでしょう。

最初の出会いは1985年に発売されたNewBlance1300。
39000円という驚きのプライスとラルフローレンが「雲の上を歩いているようだ」と表現した履き心地から「スニーカーのロールスロイス」といわれました。


画像 003
ただ値段が高いというだけではなく、 当時としては革新技術だったENCAPを搭載することで抜群のクッション性と安定性を味わうことができました。
街履きにはもったいないと思えるほどの快適さでしたねぇ~。

残念ながらオリジナルの1300は処分してしまい、写真のコイツは1995年の最初の復刻モデルです。
その後2000年、2005年、2010年と5年おきに復刻され、次回は2015年なんですかね?

1300以降1400,1500,1600,1700と次々に新品番が出てきましたが、番号が大きくなるたびにスニーカーというカテゴリーから離れていくようで、好きだったのは1400までかな。


画像 002

1400はJ/CREWで復刻してくれたので大人買いしましたが(驚きプライスなので日本円じゃ買えませんが)、希望としては996の復刻かな。

そういえば996は来春復刻されるんですよね。

BLUE SUEDEの996・・・カッコイイ!

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用




REDWING IRISH SETTER #875です。
かなり年季が入っていてますが、それもそのはづ・・・かれこれ26,7年の付き合いです。
"HEAVYDUTY"と"MADE IN USA"が、その頃のバイブル的雑誌POP-EYEで紹介されて、LL BEANやらFILSONやらを買い漁ってました。
途中、FASHION的に寄り道をした頃は靴箱に押し込めれられていましたが、今なお現役バリバリです。


is.jpg

タグは"旧犬タグ"と呼ばれているタイプで、製造年は"'82 5月"です・・・。
その後のモデルより若干"オロラセット"の赤みが違います。
まさに一生ものですが、そろそろソールを張り替えてやらねば・・・。
秋冬に活躍の一品です!

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用




夏場はほとんど"ビルケン"と"NEW BALANCE"で過ごしていましたが、足元も冬支度の用意です・・・。
ダナーを代表するモデルのひとつ"MOUNTAIN LIGHT"です。
名前は"マウンテン"ですが、街履き、アスファルトONLY!
特に雨の日などの悪天候の時に大活躍・・・。
マウンテンライトはゴアテックスによる高い透湿性と完全防水を誇り、アッパーにはダナーのラインナップでも最高品質のレザーを使用。ソフトで弾力のあるインナーは履けば履くほど足になじみます。
作りも頑丈ですが、その分重いです・・・。

DANNERは、1932年にアメリカのウィスコンシン州で5人の靴職人が設立したワークシューズブランドです 。『履く人が、不便を感じずに、使いやすく耐久性に富んだ靴を作る』からスタートしたDANNERが最初に作ったブーツは、森林伐採人用のもので、靴底には鋲が打ち込まれている靴でした。そして1952年にはアメリカで初めてビブラム・ソールを用いて、クライミング・シューズを作り出しました。 1980年、世界初のゴアテックス・ブーツを発表しました。このようにダナーは、常に履く人の業種や使われ方を考え、それぞれの現場で本当に実力を発揮するヘビーデューティーな靴を作り続けてきました。

この靴は『街で履くな!』ということですかね・・・。

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用



| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 LANDSCAPEノートブック, All rights reserved.
まとめ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。